茄子の日

日記
07 /20 2018
今日は数あるうちの一つ、ナスの花の日です。
その日は他にもあって、今日はそのうちの一日。

ちなみに、花言葉もあって 真実・希望 等々。
ナスは紫色のイメージ。

花もきれいな紫色。
夏野菜の代表。

栄養がタップリあるタイプの野菜ではない様ですが、紫色が抗酸化力のあるポリフェノール、コレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあるという事です。

油によく合う野菜。漬物にもピッタリ。お茶漬けの友。

「秋茄子は嫁に食わすな」という諺は、美味いからなのか、身体を冷やすからなのか、そんな意味が込められているそうです。

暑さはピーク。これからは盆に向かってピークも落ち着くはず。そして、暑さ寒さも彼岸まで・・・?
今は、胡瓜とナスと西瓜の季節真っ盛り。

夏野菜で暑さをしのいで、元気に乗り切りましょう。

ナスイメージ画像500×333.jpg
スポンサーサイト

イカ 夜釣り

釣り
07 /19 2018

剣先イカは日本海側ではシロイカ・マイカと呼ばれ、和歌山方面ではアカイカなどと呼ばれていて、夏の夜釣りを楽しませてくれます。


コノ釣りは日暮れ時に出船して、夜行性の剣先を漁火、今では照明で海面まで誘い浮かして、スッテという仕掛けを駆使して、イカを引っかけるというか、触手を伸ばして来た処をスッテに抱きつかせて、釣り上げるという釣りです。



昨今では、メタルスッテという仕掛けが流行っていて、そのゲーム性と取り込みが簡単なので、イカを釣る面白さを提供してくれます。


沢山釣るには、スッテの選択、棚取り、微妙なアタリ、運を必要とし、特にその日のラッキーは、大切な要素なのです。


イカは海の忍者とは、よく言ったモノ。神出鬼没なイカの棚。けれども仕掛けも釣る技術も特に難しい釣りではないので、初心者にはもってこい!しかも、釣れた獲物は高級魚。正確には高級魚介。イカ・タコはむしろ貝に近い獲物なので・・・。



コツと言えば、とにかく底から海面まで丁寧に探りを入れ、シャクってはステイの繰り返し。それを何回も繰り返し、イカの群れに運よく遭遇出来れば、それが大漁への近道。


後はスッテのバリエーションを見つけ出す事くらい。アタリを探り出せば、中々竿や手元に伺える顕著な反応は少なく、むしろシャクっていたらイカが抱いていたというのが、ほとんどなのかもしれません。


微妙なアタリを取って、イカを引っかけるには、ロッドやリールの選択、抱きついた時のホンの数秒の折に、仕掛けを送り込むのかアワセルのかが駆け引きになって来て、それはそれで悩ましい獲物だとも・・・?つまりは、考えれば考える程、ややこしくなってくるのがイカ釣り。なので、シンプル・シンキング、オネスティーな心で愉しんだ方が良い釣りだとも・・・。


なので、むしろ短絡的にシャクって、ラッキーな方が数が伸びるのがイカ釣り。真夏の涼と漁を真夜中の海上で、船に揺られて楽しめるイカ釣り。それがイカ釣りの楽しみ方の一つだと思うのです。


さて、今回の釣り行きは哀しい釣果。どうやら獲物がお気に入りのスッテを用意していなかったのが、敗因だろうとの復習結果。当然リベンジ戦を考えないと(^◇^)


ラッシュガード キッズ

ファッション
07 /17 2018
子供たちの夏。楽しい夏の日々を日射や、虫刺されなどから守ってくれるラッシュガード。

プール、花火、様々なアウトドアでの必需品に・・・!
元気いっぱい、夏を楽しんで欲しいキッズに(^◇^)


伸縮性も抜群、動き回る子どもたちのパフォーマンスに追従するウェア。
UVカットもうれしい性能。

夏休みはラッシュガードで・・・!



期間中5%以上OFF ラッシュガード キッズ ジップアップ ラッシュジップ スタンドカラー 子供 UV98%カット UPF50+ ベビー 男の子 女の子

クーラーボックス

生活
07 /15 2018
夏のアウトドア。自然とのふれあいの季節だし、家族の思い出にもなるレジャーの楽しめる時。

レジャーにあって、便利な必需品と言えば、クーラーボックス。ハイキング、釣り、バーベキュー、等々野外で必要な冷たい系のミッションをこなしてくれるグッズ。米国製のイグルーは、とみに有名なクーラーボックスの老舗。

リーズナブルな価格と便利なキャスターとハンドルがセットされていて、野外の酷使にも耐えくれるクーラーボックス。1台あれば、結構便利なグッズ。災害時、あって良かったと思えるのもクーラーボックス。



クーラーボックス【あす楽 送料無料】大型 58L 大容量 キャスター付き 軽量 イグルー igloo Maxcold 62Qt 保冷力 イグロー マックスコールド アイランドブリーズ レジャークーラー クーラーバッグ 安い おしゃれ ホイール 車輪 釣り キャリー

紀州 備長炭

グッズ
07 /14 2018
炭は、俳句なら季語としては、冬。
高級な炭と言えば、樹種はウバメガシで、特に紀州産が有名。
煙少なく臭いも少ない、熱源として昔ながらの固形燃料。

でも、炭は何も燃やすだけが全てではないのは最早、周知の事実。
高い脱臭効果、制菌作用も知られていて、夏こそ備長炭が、生活の手助けをしてくれる季節。

ジメジメした季節、下駄箱や押し入れの脱臭や湿気対策に一役買ってくれるし、冷蔵庫の中では腐敗防止の一助にも・・・。

変わったところでは、ぬか漬けにも美味さの隠し味的な作用をしてくれるし、飲み水も美味しくしてくれるし、何よりうれしい再生可能な炭の力、それは正しく天然の恩恵。

炭イメージイラスト500×500.jpg

勿論 炭で焼く肉や魚がひと際美味しいのは、炭の持つ燃焼の特徴、つまり水蒸気の少ない遠赤外線での強火の遠火が、焼き物の味にすこぶる好影響を及ぼす事は、プロの焼き鳥屋さんやうなぎ屋さんが、実証済み。直火は炭の独壇場。

それ以外でも炭は色々役に立つ。とりわけ今の季節には知っていれば、お得な備長炭。ハイテクではなく、昔ながらの人の知恵から産まれた自然の恩恵、炭の守備範囲は意外と広い・・・?



『紀州備長炭「ウバメ切小丸」』備長炭の本場、紀州和歌山で丹精につくられた白炭(シロズミ)の備長炭。もちろんこの備長炭はよく耳にする飲料水の浄水や、備長炭を入れての炊飯、消臭材や入浴材としても使える備長炭です。

Comical Angler 壱 

海釣り好きなあなたなら幸いです。そうでないあなたも是非訪問してみて下さい。お役立ち情報にめぐり合えるかもしれません。